ほっと湯太郎の「温泉ねほりはほり」

アクセスカウンタ

zoom RSS 温泉の旅 岩木山麓

<<   作成日時 : 2008/08/31 16:05   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
あそべの森「いわき荘」

画像











ちょうど岩木山神社の大祭に重なって、神社の社内は青森のねぶたのお囃子を奉納する人たちで大賑わいでした。その神社の裏手に当たるところにある「いわき荘」は全国の国民宿舎の中でも最も人気の高い施設のひとつです。風に乗って流れてくるお囃子の太鼓の音は聞えるものの、林に囲まれた大きな宿は静かそのものです。国民宿舎とは思えないモダンな建物で、木材も贅沢に使っていて蔦で作ったランプなど意匠を凝らした家具なども配置してひきつけます。料金システムも明瞭で部屋の大きさと洋室和室などいくつかのタイプごとに料金も設定されています。一人用の個室も用意されてあり女性の一人旅にも対応してくれる親切さです。食事はまた別会計なので、まず部屋を決めて食事のコースを選択しますと全体で1万2000円〜ほど、食事内容や施設全体からは割安感があります。全体的に合格、リピートしたい宿に追加です。この周辺はいくつかの宿が点在する百沢温泉です。「いわき荘」にも立派な浴場がありました。内風呂はやや大きな木枠の湯船がひとつ、その外には岩で造った露天風呂を配置しています。お湯がまた立派、かけ流しのお湯です。48.5℃でPh値は不明ながら、成分はNa・Mg-HCo3・Clの茶色い総計1539mgの濁り湯です。日帰り施設としても開放していて休憩室も清潔で好感がもてます。また従業員の若い人たちが元気はつらつで、教育が行き届いていて礼儀も正しくすべてに合格点をあげられます。
画像
岩木山麓の「五代温泉」

画像










   青森県にはどこにいっても銭湯として利用されている庶民的な温泉施設があります。都会のテーマパークのような豪華なものではなく暮らしの中に自然に溶け込んでいる銭湯温泉です。地元の近所の人だけが利用する施設です。青森市内や弘前市内、また五所川原周辺にもいくつかありました。百沢温泉から弘前に向かう途中に出会ったのが2つの銭湯温泉です。まず「五代温泉」。田んぼの中にあった農家の集落に見つけました。オレンジの屋根の農村には似合わない外装でしたが中に入ると普通の銭湯です。湯船はひとつを二つに区切って熱いお湯と温いお湯がかけ流されています。透き通っているもののやや緑がかって見えました。浸かると何の癖もない素直なお湯であることが分かります。表示では源泉は48.2℃、単純温泉とあるだけで詳細は分かりませんでした。土曜日の昼間でしたが近所の人たちが何人か入っていました。
画像
「前田観光桜温泉」

画像










   「五代温泉」から1km足らずの近くにあったもうひとつの温泉が桜温泉。ここはバス会社が経営する宿泊もできる施設で、銭湯というよりは新しく開いた温泉施設といった趣で、広い休憩室や食事のできる部屋やおみやげ物コーナーまであります。お湯にはいってびっくり、お湯の質は単純温泉の五代とは大違いでした。重量感のある複雑な濁り湯です。源泉は48℃、Ph6.6の中性、成分はカリウムやマグネシウムを含む塩化物泉で、総計7164mgもある塩辛いお湯でした。こんなに存在感のあるお湯には久しぶりに出会いました。内風呂の外には開放的ではないものの露天風呂も用意してあります。茶色い濁り湯がかけ流されていて贅沢なひと時が過ごせました。浴後いつまでもあたたかい典型的な良い温泉でしたから合格です。
画像
下風呂温泉「三浦屋」

  1年前に引き続いて下北の下風呂温泉に寄りました。大間のマグロが目当てでしたが今回の宿は「三浦屋」です。鉄筋6階建ての宿は津軽海峡に向いた部屋がうりもの。数字だけあげておくと47℃、Ph5.8、成分総計は3877mgの含硫黄・Na・Ca-Clでした。ちなみに2軒先の昨年泊った長谷旅館は60.5℃、Ph3.0、成分総計4271mgですからかなり違った数字です。「三浦屋」のお風呂は半露天の湯船だけが温泉で、ここにはきめ細かな白い硫黄泉がかけ流されていてよいお湯でしたが、大きな内風呂は井戸水をジャクジーにしていました。どうしてこんな風にするのでしょうか。いただけません。当然湯船に入る気にもなれませんでした。食事はさすがで、生うにとイカが最高の味でした。

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
温泉の旅 岩木山麓 ほっと湯太郎の「温泉ねほりはほり」/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる